忍者ブログ
1日に何個もドラマを見てるのであれば字幕なしで見ましょう!「でも勉強は・・・。」というそこのあなた!!よく聞くフレーズを少しずつ覚えていきましょう♪覚えたフレーズが聞き取れたらドラマの楽しさが倍増^^がんばらずに楽しみながら韓国語を覚えていきましょう♪♪
facebook始めました!



韓国と言えば、
焼肉?ショッピング?化粧品?
いやいやそれだけじゃないよ!
みんなの知らない韓国を写真等で紹介します。

その名も
韓国旅行のええとこガイド

遊びに来てください♪
K-POPラジオ♪


自動再生しないように設定を
変えました。ラジオを聴きたい
ときは再生ボタンを押してください^^

ラジオの使い方・設置方法は
こちらを参照してください^^
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
コココリアン
性別:
非公開
趣味:
韓国に関すること
自己紹介:
・2002年
韓国人歌手BoAのファンになる
・2006年
韓国語の勉強始める
・2007年
ハン検5級・4級合格
3週間の短期留学に行く
・2008年
1年間の留学に行く。
留学中、韓国語能力試験4級(中級)合格
・2009年
春に韓国語能力試験5級(上級)合格
秋にハン検準2級合格
・・・その後、勉強という勉強は特にしていません(笑)

※韓国語能力試験は1級から始まり、6級が上級です。
時計・訪問者数・???
どこから来たの~?

[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




뭐~게?

뭐~게?  [뭐게]
 
 
聞いたことありますかね?w
ときどき聞けるかもしれないフレーズです^^
 
 
さっそく分解といきたいとこですが、
二文字しかないので、
それぞれ説明します。
 
 = なに
 
 = 疑問文で使い、疑問を表す。「~か?」
 
 
뭐は韓国語をちゃんと勉強している人なら簡単な単語だと思います。
念のため軽く説明すると、
뭐とは、もともと무엇と言います。
しかし、めんどくさがりであり、せっかちな韓国人は
短くしてこれを뭐と言うようになったのです。

무엇 = 뭐
 
言うようになったということは、
무엇って全く言わないのかと言えばそうじゃないからです。
 
やはり丁寧に言うときや「なに」という単語を強調するときは、
短くしないで무엇を使います。
 
ただ口語では普通뭐というんだということを覚えておいてください。
9割は뭐と言うと思ってもらってもいいかもしれません。
 
 
では、今日のテーマである“게”について説明します。
 
“게”という表現は、疑問文で使い、疑問を表します。
なので、動詞でも名詞でも疑問を表すときは使えます。
 
ただ、疑問を表すときはどんなときでも使っていいのかというと
そうではありません。
 
やはり普通の疑問形と違うから異なる表現が存在しているのです。
 
ということで、この“게”という表現を紹介しているのですが、
今回はぜひ覚えて欲しいところを解説します。
 
それは「名詞+게」です。
「動詞+게」はちょっと難しく上級者向けなので、
今回は省略させていただきます。
 
さて、「名詞+게」ですが、
もうこれは定型的な使い方をするので、
それをそのまま覚えてください。
 
今日のフレーズを混ぜてとりあえず羅列してみます。
 
뭐게
누구게
어디게
언제게
몇시게
 
 
どうでしょうか?
なにか気づくことはないですか?
 
そうです。
疑問を表す名詞とともに使っています。
 
「名詞+게」で表現するときは、疑問名詞しか使わないのか、
と言えばそういうわけではありませんが、
よく使うのは疑問名詞ということです。
 
よく使うので、ぜひ覚えておいてください。
 
 
さて、上のフレーズはどのようなときに使うのか?
 
韓国人でもさほど頻繁には使う表現ではありませんが、
あるときには普通誰もがこれらの表現を使うときがあります。
 
それはどんなときかと言うと、
簡単に言えば、なぞなぞを言うときです。
 
日本語でなぞなぞをするとき最後になんて言いますか?
「(これは)なんでしょう?」をタメで言うと・・・
 
「な~んだ?」
 
っていいません?
 
そうなんです。
韓国語で「な~んだ?」は뭐게?というのです。
 
同様に、
누구게 = だ~れだ?
어디게 = ど~こだ?
언제게 = い~つだ?
몇시게 = な~ん時だ?
 
と訳せます。
 
 
もちろんなぞかけのときじゃなくても、使います。
例えば、子供にちょっと難しいことを聞くときとか、
友達や恋人でも子ども扱いして聞くときとかに使います。
 
いずれにしても、「だ~れだ?」というふうなニュアンスになるので、
だいたいどんなときに使ったらいいのかわかってもらえると思います。
 
 
 
上のフレーズもたまに使われるので、
今日のフレーズと一緒に覚えておいてくださいね^^
 
 
 
では今日のフレーズは、
 
뭐~게? = な~んだ?
 
でした!






나 먼저 가 버릴게.

나 먼저 가 버릴게.    [나 먼저 가버릴께]
 
 
さっきドラマを見ていたら言っていたので、
今日はこのセリフにしました^^
 
 
さっそく分解します。
 
 
 = 私
 
먼저 = 先に
 
 = 가다(行く)の連用形
 
버릴게 = 버리다(捨てる)に ㄹ/을게(~するよ)が付いたタメ語
 

 
直訳してみると、
「私 先に 行き 捨てるよ」
です。
 
意味わかめですね。
 
さて今日の裏テーマは“버리다”です。
“버리다”の訳は「捨てる」です。
「ゴミを捨てる」って言うときの「捨てる」です。
ちなみに「ゴミを捨てる」は“쓰레기를 버리다.”です。
 
あれ?でも今日のフレーズで「捨てる」はおかしくないですか?
そうなんです。
“버리다”には特殊な使い方があるのです。
 
それは、
動詞の連用形に付いて「~てしまう」という意味に変身するのです。
 
つまり、“가 버리다”は「行ってしまう」と訳されるのです。
 
“動詞の連用形 + 버리다”の使い方は、
日本語の「~てしまう」と全く同じなので覚えやすいですね。
 
「食べてしまった。」 → “먹어 버렸다.”
「寝てしまった。」  → “자 버렸다.”
「遅れてしまった。」 → “늦어 버렸다.”
 
こうなります。
使い方はわかりましたよね?
 

ちなみに日本語でも「~てしまった」というフレーズを使うとき、
一番言うフレーズはなんですか?
 
おそらく「忘れてしまった」だと思います。
 
実は、韓国語でもよく言います。
“잊어버렸다.”と言います。
 
ここで賢い人は気づくかもしれないですが、
この“잊어버렸다.”と、例えば“먹어 버렸다.”の違いはわかりますか?
本当に細かいことですが、こんなちょっとしたことでも知っていると、
頭に残って覚えやすくなるということもありますので、言っておきますね。
 
二つの違いは、これだけです。
動詞の連用形と“버리다”の間にスペースがあるかないかです。
 
話すときは気にしなくてもいいですが、
書くときには注意が必要です。
 
スペースを空けずにつなげて書くのは、“잊어버리다”だけです。
なぜかと言うと、頻繁に使うからです。
よく使うフレーズなので、くっ付いてしまって一つの単語になってしまったのです。
 
だから、“잊어버리다”という単語だけはスペースはいりません。
それ以外はスペースがいるので注意してください。
 
 
 
さて、今日のフレーズに戻ります。
 
“나 먼저 가 버릴게.”は上のことを踏まえて訳すと、
「私、先に行ってしまうよ。」となります。
 
初めの訳よりはすっきりしましたが、なんか日本語ではパッとしないですよね。
つまり、私が行ってしまうよって相手に言うことがちょっとおかしいのです。
 
そもそも「~てしまう」という言葉は、動作の完了を表します。
なので、動作の完了を表す言葉なのに、
今から行くからねって現在あるいは未来のことを告げるのですから、
日本語としては変に聞こえてしまうのです。
 
つまり日本語では完了の意味を表すときは過去形でしか使わないんですね。
現在形では完了を表せません。
 
 
なので、日本語に訳すとしたら、
「私、先に行くよ。」
と訳す方がいいでしょう。
 
でも、韓国語のニュアンスを忠実に理解すると、
「私、もう先に行っちゃうからね!」っていう意味が込められている
ということは覚えておいてください。
 
 
ところで、こんな質問が聞こえてきそうですね。

「じゃあ、“버리다”は使わなくてもいいんじゃないの?」
って思う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?。
 
もちろん“나 먼저 갈게.”でも全然構いません。
普通に使います。
 
 
ただニュアンスの違いを比較すると、
“나 먼저 갈게.” → 「じゃあそろそろ先に行くよ」
“나 먼저 가 버릴게.” → 「本当はもうちょっといたいけど先に行っちゃうよ」
 
たかだか“버리다”が入るだけでこんなにニュアンスが異なってきます。
日本語では現在形をあまり使わないですが、
韓国語ではこのように現在形でも使うということを頭の隅に置いておいてください。
 
日本語で「~してしまう」と使うときって、
「ユー、行っちゃいなよ」ってゆーときだけでしょうか^^;

だけではないけど、ジャニーさんはよく使ってますねw


あとは、いっぱい韓国語に触れて間隔で覚えていきましょう。
 


 
今日のフレーズは、
 
나 먼저 가 버릴게. = 私、先に行くね。
 
でした。





얼마 안 됐어.

얼마 안 됐어.    [얼마 안 돼써]
 
 

さて今回も前回、前々回と関連した表現です。
ちょっとおさらいすると、
“얼마 만이지?” →「いつぶりかな?」
“대학교를 졸업한지 한 5년 됐네.” →「大学を卒業して以来約5年経ったね。」
“한 5년 만이네.” →「約5年ぶりやね。」
 
 
こんなフレーズを勉強しましたね。
そこで今日はこれです。
 
“얼마 안 됐어.”
 
どういうときに使うかというと、
例えば、“얼마 만이지?”と聞かれたあととかですね。
「いつぶりかな?」
「そんな経ってないよ。」
 
こんな感じです。
今日のフレーズの単語は今まで出てきたものばかりですから、
そこはさらっと簡単な説明でいいでしょう。

 
얼마 = いくら、どのくらい、
 
 = 動詞、形容詞の否定を表す前置詞
 
됐어 = 되다(なる、経つ)の過去形のタメ語
 
 
つなげると、
「いくら 経たなかった。」
です。
 
日本語だと意味不明ですよね。
直訳だとこんなことになるので、イメージで覚えましょう。
 

まず“안 됐어”ですが、
日本語だと、「経っていない」と現在形で表現します。
つまり日本語だと状態で表現するんですが、
韓国語だと現在を基準にして事実を表現します。
ややこしいですし、若干自分でも何言ってるのかわからないので、
韓国語では過去形で表現すると覚えちゃってください^^;
使っているうちに感覚としてだんだんわかってくると思います。
 
そして 얼마“ですが、今回は副詞的に使っています。
否定表現を一緒に使うことによって、
「少し、少々、わずか、ちょっと」というような意味に変わります。
 
なので、“얼마 안 됐어.”は意訳すると、
「ちょっとしか経ってないよ」
となります。
 

ニュアンスはなんとなくわかっていただけましたよね。
ニュアンスを理解するためにいろんな日本語で訳すと、
「そんなに経ってないよ」
「さほど経ってないよ」
「あんま経ってないよ」
「ちょっとしか経ってないよ」
 
こんな感じです。
感覚で覚えてください。
 

 
では、今日のフレーズは
 
얼마 안 됐어. = そんな経ってへんよ。
 
でした。





얼마 만이지?

얼마 만이지?   [얼마 마니지]




前回、“대학교를 졸업한지 한 5년 됐네.”をしましたね。
今日はこれに少し関連したことです。
 
「もうあれから5年経ったよね。」っていうセリフの前に
たぶん言うセリフがありますよね。
 
めちゃくちゃ久しぶりに友人に会って、
「久しぶり~いつぶり~?」
なんて言いますよね。
 
今日はその「いつぶり~?」です。
 
短いセリフなので、覚えてくださいね^^
 
 

分解します。
 
얼마 = いくら、どのくらい、
 
만이지 = 만(~ぶり)+指定詞이+지(~かな、~だろう)
 
 
直訳すると、
「どれくらいぶりかな?」
です。
 
“얼마”はわかりますよね。
“얼마예요?”ってよく言いますもんね。
これは「いくらですか?」って意味です。
 
さて今日の裏テーマは“~만”です。
きっとみなさんは“~만”を使ったフレーズを知っていると思います。

 “오래간만이야.”
よく聞くし、もしかしたらあなたも言ってことありますね。
これを少し短くして、
“오랜만이야.”
とも言います。
こちらの方が頻度的には多く使うかもしれません。
 
ちなみに“오래간만이야.”ですが、
“오래간만”は一つの言葉となってしまったので、
“오래간”と“만”の間にスペースはいりません。
 
また、“오래간만”は分解すると、
“오래”は「長く」、“간”は「間」、“만”は「ぶり」。
“간”は漢字語ですよー。
漢字語が覚えやすいのは日本人の特権ですから、
漢字語が出てくるたびに注意して覚えてくださいね。
 
 
さて、話を戻して、このように“~만”は使います。
 
ちなみに、今日のフレーズの“얼마 만이지?”の答えとして、
前回の“대학교를 졸업한지 한 5년 됐네.”と言えますが、
“~만”を使った表現をしてみましょうか。
つまり、日本語で言うと、
「約5年ぶりやね。」
 
前回の「約」と今回の「~ぶり」を
使って考えてみてください。
これくらいなら簡単にできますよね?
 
 
「約」は韓国語ではなんと言うんでしたっけ?
 
そうです。
“한”です。
 
では、「5年ぶり」はどうでしょう?
数字の5は発音できますか?
“오”でしたよね。
それに「年」である“년”を付けて、
さらに「~ぶり」を付けます。
“~만”ですよね。
整理すると、“5년 만”です。
 
最後に「やね」です。
関西弁ですみません。
標準語言うとこの、「だね」です。
辞書的に言うと、「~かな、~だろ・・・」です。
これは今日のフレーズにも含まれているのでわかりますよね?
 
“5년 만”は一つの名詞と考えて、これに付くのは
指定詞の“이다”で、
「~かな、~だろ・・・」を意味する“네”を付けます。
あとはタメ口なので、今回は“요”はいりません。
よって“이네”です。
 
 
全部つなげると、
“한 5년 만이네.”
となりました。
 
さあ言えましたでしょうか?
すらっと言えるように例文を作って練習してくださいね。
 
 
なんか今日はフレーズが2個出てきてしまいましたが、
がんばって覚えてくださいね。
 
こうやって関連した表現から広がるように覚えていくと
頭にすんなり入ってくるので、できるだけ今後もこうしていきますね。
 
 
では、今日のフレーズは、
 
얼마 만이지? = いつぶりかな?
 
でした





대학교를 졸업한지 한 5년 됐네.

대학교를 졸업한지 한 5년 됐네. 
                    [대학교를 조러빤지 한 오년 됀네]
 
 
 
今日も文法です。
この文法は本当に頻繁に使うので、絶対に覚えてください^^
 
それでは分解します。
 
 
대학교를 = 대학교(大学)+를(を)
 
졸업한지 = 졸업하다(卒業する)+ㄴ/은지(~以来)
 
 = 約
 
5년 = 5年
 
됐네 =되다(なる/経つ)の過去形の語幹+네(~だね)
 

直訳してみると、
大学を卒業して以来約5年経ったね
です。
 

今回はほぼぴったり日本語訳に当てはまるので、覚えやすいですね。
使い方を理解してあとは慣れてください。
 

今日の裏テーマはもうお分かりになられたように“ㄴ/은지 ~ 됐다.”です。
日本語で言うと、「~して以来 ~ 経った。」です。
日本語でも結構使うように韓国語でも結構使うので、がんばって覚えてくださいね。
 
“됐다”ですが、たまに違う単語でも使います。
“지내다”の過去形“지냈다”です。
原形“지내다”の意味は「過ぎる」で、過去形は「過ぎた」です。
なので、“ㄴ/은지 ~ 지냈다”とも言えます。
 
まとめると、
 
“ㄴ/은지 ~ 됐다/지냈다.”
 
です。
 

今回は日本語訳がぴったりはまってしまうので、あまり説明することはありません。
が、あとひとつだけ付け加えておくと、 “한”です。
 
おそらく韓国語初心者の方は日本語の「約」を韓国語で言おうと思ったら、
ほとんどの人が“약”と言うでしょう。
辞書にも載ってるし、間違いじゃありません。
ただ韓国人はほとんどと言っていいほど使いません。
 
その代わりによく使われるのが、“한”なんです。
でも注意しておきたいことは、口語で使うということです。
 
私たちは会話を主とするので、これからは“한”を使うようにしましょう。
 
いくらやった? →約3000円くらいやった。
今日何人来るの? →約100人くらいかな。
一日に何回電話するの? →約5回くらい・・・。
 
のような「約」を使うときは口語ではすべて“한”です。
この機会に覚えておいてください。
 
 
今日のフレーズの説明はちょっと少ないかもしれないですが、
単語を変えて文法に当てはめるだけなので、
自分で例文をいっぱい作ってください。
 
 
では今日のフレーズは
 
대학교를 졸업한지 한 5년 됐네. 
         
= 大学を卒業してから約5年経ったね。
 
でした。








忍者ブログ [PR]

presented by 韓国語のよく聞くフレーズ @韓国語無料教材





PR