忍者ブログ
1日に何個もドラマを見てるのであれば字幕なしで見ましょう!「でも勉強は・・・。」というそこのあなた!!よく聞くフレーズを少しずつ覚えていきましょう♪覚えたフレーズが聞き取れたらドラマの楽しさが倍増^^がんばらずに楽しみながら韓国語を覚えていきましょう♪♪
facebook始めました!



韓国と言えば、
焼肉?ショッピング?化粧品?
いやいやそれだけじゃないよ!
みんなの知らない韓国を写真等で紹介します。

その名も
韓国旅行のええとこガイド

遊びに来てください♪
K-POPラジオ♪


自動再生しないように設定を
変えました。ラジオを聴きたい
ときは再生ボタンを押してください^^

ラジオの使い方・設置方法は
こちらを参照してください^^
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
コココリアン
性別:
非公開
趣味:
韓国に関すること
自己紹介:
・2002年
韓国人歌手BoAのファンになる
・2006年
韓国語の勉強始める
・2007年
ハン検5級・4級合格
3週間の短期留学に行く
・2008年
1年間の留学に行く。
留学中、韓国語能力試験4級(中級)合格
・2009年
春に韓国語能力試験5級(上級)合格
秋にハン検準2級合格
・・・その後、勉強という勉強は特にしていません(笑)

※韓国語能力試験は1級から始まり、6級が上級です。
時計・訪問者数・???
どこから来たの~?

[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




사랑했나 봐.

사랑했나 .  [사랑핸나 봐]
 
 
 
ふとした瞬間こんなこと思ったことないですか?
私はしょっちゅうありますw
 
ってのは冗談ですが、
この短いフレーズの中によく使う文法があるので、
今日はその文法のお勉強です。
 
では分解します。
 
 
사랑했  =  사랑하다(愛する)を過去形사랑했다にして다を取った語幹
 
  =  “나 보다”の해요体から요を取ったタメ語(以下参照)
 
 
 
さっそく文法の解説をします。
“- 보다という文法です。
 
まず言っておかなければならないことは、
韓国語の文法にはよくあるように、
現在・過去・未来、あるいは動詞・形容詞等によって使い方が違い、
分類しなければならないというとてもややこしい文法です。
 
少し時間をかけて勉強を進めてください。
 
 
さて、現在形についてです。
 
“-”の部分は基本的には動詞が来ます。
例を出しましょう。
 
電話を何回しても出ない・・・잠을 자나 보다.(※1)
顔を伏せてうつむいている人がいる・・・“우나 보다.”(※2)
 
 
訳はあとで言いますね。
文脈から日本語訳を推測してみてください。
 
 
次に過去形についてです。
同様に例を出しましょう
 
あの人、すごい怒鳴ってる・・・화가 났나 보다.(※3)
少し膨れたお腹をさすって、昼食を断った・・・밥을 먹었나 보다.(※4)
薬指に指輪がある・・・결혼했나 보다.(※5)
 
 
なんとなく訳が分かってきませんか?
해요体やタメ語にしたらすぐに使えますね。
 
 
さて、ここでややこしくなる話をします。
それはこの“-나 보다”という表現は次のような単語にも使えるということです。
 
例を出します。
数学のテストの点数を見てにやけている・・・좋았나 보다.(※6)
国語のテストの点数を見て呆然としている・・나빴나 보다.(※7)
 
 
今までのとの違いがわかりますか?
そうです。
動詞ではないですね。
動詞でもないのに、“-나 보다”を使っています。
 
理由は、過去形だからです。
形容詞であっても過去形であれば、“- 보다”を使います。
 
 
では、形容詞の現在形はどうなのか?
“-나 보다”を使ってもいいのか?
 
いいえ、形容詞の現在形では“-나 보다”は使えません。
ちょっと違った表現になります。
 
“-/ㄴ가 보다です。
“-은/ㄴ”の部分はもうお分かりですよね?
 
받참があるときは、“-
받참がないときは、“-です。
 
例を出しましょう。
泣いている人がいる・・・슬픈가 보다.(※8)
ぐだ~としてるのを見て・・・피곤한가 보다.(※9)
料理の味見をして軽く頷いている・・・좋은가 보다.(※10)
 
 
こんなふうに使います。
使い方は分かったでしょうか?
 
さて、いっぱい短い例を紹介しましたが、
今日勉強している文法の日本語訳はだいたい検討が付いたでしょうか?
勘の鋭い人であれば、当たっていると思います。
 
答えは、「~みたい」です。
現在形であれば、「~するみたい」
過去形であれば、「~したみたい」ですね。
 
これを踏まえて紹介してきた文章を訳していってみてください。
「あぁ、そうか!」ってなると思います。
 
 
それでは、「~みたい」という訳の説明を少しだけします。
「~みたい」という日本語の表現ってどんなときに使いますか?
 
目で見て、推測して「~みたい」ですよね。
ということは基本的には聞いたことに対して推測して使ったりはしなくて、
自分の目で見たことに対して推測して使う表現なんですね。
 
「~みたい」って「~見たい」から来てるんじゃないかなぁと思います。
 
であれば、韓国語も同じです。
“- 보다“-/ㄴ가 보다
自分の目で見たことに対して推測して使う表現
なんです。
 
“보다”という単語が含まれていることからも予想が付きますよね。
本当に日本語と似ています。
面白いですね。
 
 
これで“-나 보다”や“-은/ㄴ가 보다”は、
「~みたい」と訳すって覚えてもらえると思います。
 
 
 
ちなみに「~みたい」の未来形ですが、
このような表現になります。
 
“-/ 건가 보다
“-()려나 보다

 
2通りの表現があります。
意味は一緒です。
 
例えば、
비가 건가 보다.(※11)
비가 오려나 보다.(※12)
 
どちらでも意味・訳は同じです。
好きな方を使っていください。
 
 
 
以上が今日の「~みたい」の説明でした。
とてもややこしいと思うので、
何回も読み返して勉強してもらえたらと思います。
 
 
例文の日本語訳を書いておきます。
 
※1 「寝てるみたい。」
※2 「泣いてるみたい。」
※3 「怒ってるみたい。」
※4 「ごはん食べたみたい。」
※5 「結婚したみたい。」
※6 「良かったみたい。」
※7 「悪かったみたい。」
※8 「悲しいみたい。」
※9 「疲れてるみたい。」
※10「良いみたい。」
※11「雨が降るみたい。」
※12「雨が降るみたい。」
 
 
さて、今日のフレーズに戻ります。
今日のフレーズは、사랑했나 .です。
 
もう説明は不要でしょう。
「愛してたみたい。」です。
これは過去を振り返って、
実はあのとき「愛してたみたい・・・」って感じですね。
 
 
またもちろん現在形でも言いますね。
まさに今もしかしたらあの人を「愛してるみたい・・・」
사랑하나 .ですね。
 
 
動詞か形容詞か、現在形か過去形か未来形か、
これだけ整理できたら簡単です。
ぜひ使いこなせるようになってください。
 
 
 
今日のフレーズは、
 
사랑했나 .  =  愛してたみたい。
 
でした。





가 봐야겠네요.


가 봐야겠네요.  [가봐야겐네요]
 
 

さっそく分解します。
 

 = 가다(行く)の連用形
 
봐야겠 = 보다(みる)の連用形に야겠다(以下参照)
        が付いて다を取ったもの
 
네요 = 感嘆を表す네に丁寧な表現を表す요が付いたもの
 
 
今日はちょっと変なところで切ってみました。
というのも重要な文法が真ん中にあるからです。
 
今日はこの重要な文法ともう一つの表現を勉強します。
 

まず一つ目は、今日のフレーズの初めの部分。
動詞が二つ出てきてますね。
“가다”と“보다”です。
「行く」と「見る」ですね。
 
注目したいのは“보다”という単語です。
今日のフレーズのように連用形で動詞を繋げてみましょう。
 
“가 보다”となりますね。
これを日本語訳してみるとどうでしょう。
「行って見る」と訳せますね。
 
しかし、実は「行って見る」と訳すのは間違いです。
とても細かいですが、重要です。
 
日本語で、
「行って見る」と「行ってみる」は違いますよね。
 
つまり、「行って」から「見る」のか、
試しに「行ってみる」のか、
漢字を使うか使わないかでえらい違いです。
 
そうなんです。
韓国語でも似たようなことが言えるのです。
 
日本語で言う、「(試しに)~してみる」という表現は
“動詞の連用形 + 보다”という表現で表せるのです。
 
よって、“가 보다”は「行ってみる」が正解ですね。
 
一方で、日本語で言う、
「行って見る」は韓国語ではなんて言うのか。
 
また違う表現になります。
多少いろんな言い方があるでしょうが、
一番シンプルなのは、“가서 보다”です。
 
まとめると、
“動詞の連用形 + 보다” = 「(試しに)~してみる」
 
とってもよく出てくる表現なので、絶対に覚えておきましょう。
 
 
次に二つ目は、“봐야겠”の部分です。
分かりやすく書き換えると、
“動詞の連用形 + 야겠다”です。
 
この文法を理解するためにもう少し分解してみます。
 
“動詞の連用形 + 야”の部分ですが、
なんか似たような表現を思い浮かべませんでしたか。
 
“動詞の連用形 + 야 하다/되다”ですね。
「~しなければならない」という表現です。
英語で言う、mustです。
この表現も絶対覚えておかなければならない表現なので、
みなさんは知っていますよね?
 
さてこの「~しなければならない」というニュアンスを
ちょっと頭の片隅にひとまず置いといてください。
 
“겠다”という部分ですが、“겠”という単語ですね。
“겠”は多義語なので、ちょっとややこしいのですが、
要は未来のことを言うときや意志を表すときに使う単語です。
 
ということは、“動詞の連用形 + 야겠다”は、
 
「~しなければならない」と未来や意志という
二つの意味が含まれた表現と言えます。
 
 
それで、日本語訳を言ってしまうと、
「~しないと」という訳になります。
 
ニュアンス的には「~しなければならない」という
表現を少しゆるくした感じです。
Mustではなくなってます。
 
口語で言うと、「~しなくちゃ!」って感じです。
 
で、ちなみに今日のフレーズでは“네요”が付いています。
この“네”は結構付いてくるのでセットで
覚えといたらいいと思います。
 
「~しなくちゃね!」って感じです。
 
 
この“動詞の連用形 + 야겠다”という表現は
結構な頻度で耳にする表現なので、絶対に覚えておきましょう。
 
 
それでは、今日のフレーズを以上の解説を基に
日本語訳してみましょう。
 
直訳すると、
「行ってみないとですね。」
 
ちょっとくどいので、
「行ってみないとね。」でいいと思います。
あるいは「行ってみなきゃね。」でもいいです。
 
 
ぜひ自分でも使えるようになってください。
 
 
今日のフレーズは、
 
가 봐야겠네요.  =  行ってみないとね。
 
でした!





괜찮다고 쳐요.

괜찮다고 쳐요. [괜찬타고 쳐요]
 

今日も重要なフレーズです。
しっかり覚えてください。
 
分解します。
 
 
괜찮다고 = 괜찮다(大丈夫だ)+고
 
쳐요 = 치다(みなす、(~と)する)の해요体
 
 
とりあえず文節で分けましたが、
文法があるのでこのように分解すると
ちょっとわかりにくいかもしれませんね。
 
“괜찮다”は問題ないだと思うので、
文法の解説に入ります。
 

今日のテーマは、“~고 치다”です。
まず日本語訳から言うと、
「~とみなす、~とする、」です。
 
状況によってこの日本語訳で直訳しても
違和感のあるときもあるかと思いますが、
ニュアンスとしてこのような意味だということだけ
覚えておいてください。
 
ここからの変化としては、語尾の活用ですね。
해요体、過去形、タメ語、~고等みたいに接続語を
つけて文章を続ける、などいろいろ考えられますね。
 
 
あとは、“~고 치다”の“~”の部分です。
それは日本語で考えてもわかると思いますが、
頻度的には用言が多いかなと思います。
体言でも使えることは使えます。
 

ここでは用言の解説をしますが、
問題は“~고 치다”につなげるときの動詞の活用です。
原形ではありません。
原形の語幹でもありません。
 
簡単に言うと、引用表現と同じ活用です。
引用表現というのは、「~と言う」という表現です。
具体的には、「Aさんは明日旅行に行くと言った。」みたいな表現ですね。
 
動詞の活用はこれと同様です。
引用表現の文法を知っている方は、もう説明も不要だと思います。
 
知らない方はこの場で覚えてください。
参考書を持っている方は引用表現のページを見ながらだと
理解は早いと思います。
 
 
さて、動詞はどの形で“~고 치다”につなげたらいいのか。
 
答えは、한다体です。
한다体ってなにか見ていきます。
 
用言の中でもまずは動詞を見ましょう。
韓国語には받침(パッチム)があり、
活用を考えるときはとでも重要です。
日本人泣かせですけどねw
 
この받침のありなしで活用の仕方が変わってきます。
 
받침なし → 語幹+ㄴ다
받침あり → 語幹+는다
 
例えば、“가다”という単語であれば받침はないので、
“가다”の語幹“가”に“ㄴ다”を付けます。
すると、“간다”となります。
 
一方、“먹다”という単語は받침があるので、
“먹다”の語幹“먹”に“는다”が付きます。
“먹는다”となります。
ちなみに発音は注意ですね。
 
 
以上のように活用して、“고 치다”にくっつくことになります。
 
“가다”の場合は、“간다고 치다”ですね。
日本語訳は、「行くとする」です。
 
“먹다”の場合は、“먹는다고 치다”です。
日本語訳は、「食べるとする」です。
 
 
次に用言は用言でも形容詞の場合です。
動詞とは活用が違うので気を付けてください。
 
形容詞は받침の有無で活用が変わりません。
 
받침なくてもあっても → そのまま(原形)

まさに“괜찮다”がそうですね。
받침があってもそのまま“고 치다”にくっつきます。
 
ここで今日のフレーズの日本語訳がわかりますね。
“괜찮다고 쳐요.”は、「大丈夫とします。」です。
 
 
ではもう少し한다体について解説します。
過去形はどうなるのか。
 
過去形はどんな品詞でも活用は一緒です。
動詞でも形容詞でも받침のない単語でもある単語でもです。
 
普通の過去形の原形に“고 치다”を付ければいいだけです。
例えば、“괜찮다고 쳐요.”の“괜찮다”を過去形にしたいときは
“괜찮았다고 쳐요.”となります。
 
つまり、語幹+았다/었다+고 치다
あるいは、했다+고 치다
とすればいいわけです。
 
 
以上が한다体ですが、
少しややこしいのでしっかりと覚えてください。
自分でいろんな単語で作ってみて慣れてください。
“習うより慣れろ“です。
 
 
簡単にまとめます。
 
動詞
받침なし → 語幹+ㄴ다
받침あり → 語幹+는다
 
形容詞
そのまま(原形)
 
過去形
品詞を問わずすべて過去形のそのまま原形
 
 
 
これらのことを踏まえれば、
今日のテーマである、“~고 치다”もレパートリーがいっぱい増えますね。
 
使い方はほとんど日本語と同じです。
訳せば違和感のあるときもありますが、感覚で理解してください。
 
ちなみに今日のフレーズは、
“과속 스캔들(加速スキャンダル)”という映画に出てきてました。
レンタルショップにあるので、よかったら借りてみてください。
ちなみにこのフレーズが出てくるシーンは笑いポイントです。
ラブコメで面白いので、ぜひご鑑賞ください。
 
 

話を戻して、今日のフレーズの訳ですが、
このシーンの訳語にしておきましょう。
 


では、今日のフレーズは、
 
괜찮다고 쳐요. = 大丈夫ってことにしてるのよ
 
でした!





모르는 척하지 마라!

모르는 척하지 마라!  [모른 처카지 마라]
 

一度は聞いたことフレーズですね。
よく使う文法が入っているので、ぜひ覚えてください。
 
 
分解します。
 
모르는 척 = 모르다(知らない)の語幹+現在連体形-는+척(ふり)
하지 마라 = 하다の語幹に否定の命令形-지 말다が付いて、
           タメ語にしたもの
 
 
今日はちょっといつもと違うところで区切ってみました。
今日は2つ勉強します。
 
1.-는/-ㄴ+척
2.-지 말다
 

まずは、“-는/-ㄴ 척”です。
“-는/-ㄴ 척”は本来“-는/-ㄴ 체”です。
つまり、“척”と“체”は同じ意味で、「ふり」です。
 
なぜ同じ意味の単語が2つあるのか簡単に言うと、
“체”をより口語・話言葉で使うのが “척”という単語だからです。
 
もちろん“체”という単語も口語で使いますが、
基本的に“척”の方が話し言葉では多いかなという気はします。
 
ということで、意味・使い方はともに同じなので“척”で解説を進めます。
 
“척”の前にある“-는/-ㄴ”ですが、
これはどういう意味かわかりますか?
 
初めに書いたように連体形です。
つまり、「動詞+“척”」の+の部分が
つなぎの役目となる“-는/-ㄴ”となっているのです。
 
そして、“-는/-ㄴ”ですが、動詞の場合、
“-는”は現在連体形で、“-ㄴ”は過去連体形です。
 
言い換えると、動詞が名詞に修飾するとき、
現在の意味であれば“-는”、
過去の意味であれば“-ㄴ”です。
 
例えば、모르다を過去連体形で척を修飾すると
“모른 척”となりますね。
 
てことは、今日のフレーズではどっちでしょうか?
 
 
 
次に、-지 말다の解説です。
「否定の命令形」です。
日本語でいうと「~するな」ですね。
 
動詞하다で書くと原形は“하지 말다”です。
「するな」ですね。
 
語尾の活用がちょっとややこしいので、少し勉強しましょう。
 
해요体で書くと、“하지 말아요”です。
タメ語で書くと、“하지 마라”“하지 마”です。
丁寧な表現で書くと、“하지 마세요”“하지 맙시다”です。
 
 
ちょっと変則なので覚えないといけないですね。
ドラマ等を見ていたらよく使われているので、
聞いたら否定の命令を言ってるんだなってのは
みなさんも知っていると思います。
自分も使えるように、ぜひ慣れておいてください。
 
 
“하지 말다”
 
→“하지 마세요”“하지 맙시다”
→“하지 말아요”
→“하지 마라”“하지 마”
 
 
ちなみに、使える“하지 말다”の表現を一つ!
 
착각하지 마!
 
一度は言ってみたいですw
解説は音声で^^
 
 
さて、話を戻して今日のフレーズです。
 
以上のことから日本語訳はわかると思います。
 
모르는 척 ・・・知らないふり、わからないふり
하지 마라 ・・・するな
 
“척”と“하지”の間で区切りましたが、
実は“척하다”という一つの動詞です。
訳としては「ふりをする」
「名詞+하다」でできた単語ですね。
 
もちろん“척하다”という動詞で使わなくても
“척”で止めて文章をつなげるときもあるので、
常に“척하다”ではないといけない
というわけではないということは知っておいてください。
 
ということで、つなげてみると・・・
「知らないふりをするな!」
って意味になりますね。
 
 
今日の解説は以上です。
 
 
今日のフレーズは、
 
모르는 척하지 마라! = 知らんふりすんな!
 
でした!






있잖아~

있잖아~  [잇짜나]
 
 
よく耳にしますね~笑
このフレーズを覚えたらあなたもよく使うかもしれないですよ♪
 
では分解します。
 
  =  있다(ある、いる)の語幹
 
잖아 =  動詞の語幹に付く~잖다の해요体の요をとったタメ語
 
 
今日のテーマは、“~잖다”です。
よく使う単語なので、今日この場で覚えちゃいましょう♪
 
“~잖다”は、もともと“~지 않다”でした。
それが縮まって“~잖다”になったのです。
 
なので、意味はほぼ一緒ですね。
でもやはり単語が違うのでニュアンスや使い方はちがいます。
 
ではまず普通の“~지 않다”ですが、
これはもうみなさんご存知だと思います。
「~ではない。」もう少し砕いて「~じゃない。」
ただ単に動詞を否定するだけの表現です。
 
一方で、“~지 않다”から派生した“~잖다”はというと、
「~じゃない」です。
でもこれだと“~지 않다”の訳と同じになってしまいますね。
 
標準語(東京弁)だとどうしても同じ訳になってしまいます。
なので、正確なニュアンスがちょっと伝わらないですね。。。
 
そこで、関西弁で訳してみます。
関西弁の方が分かりやすいかと思います。
“~잖다”を関西弁で言うと、
「~やん」「~やんか~」です。
 
・・・これだけだとどっちにしろわかりにくいか^^;
 
 
それでは具体的な例を出しますね。
 
1.前に一回話したことのある店について話そうとするとき
  「この前、言ってたやん?○○って店に芸能人が来たって・・・」
  って言ったりしますよね?
 
  韓国語で言うと・・・
  “이전에 말했잖아~ ○○란 식당에 연예인이 왔다고…”
  “말했잖아~”は、ここでは「言ってたやん?」って意味ですね。
 
2.喧嘩してるときに
  「言ったやんか!あんときは○○とごはん食べてたんやって!」
  修羅場のフレーズですねw浮気の誤解を解いていますww
 
  韓国語で言うと、
  “말했잖아!그 때는 ○○랑 밥을 먹고 있었다고!”
  “말했잖아!”は、ここでは「言ったやんか!」ですね。
 
 
以上1と2の例を出しましたが、
なんか微妙にニュアンスが違いますね。
 
1は、確認で聞くときに言う「~やん?」
2は、怒って言うときとかに「もう!~やんか!」
    というときの「~やんか!」
 
“~잖다”の使い方は上の2通りです。
なので、状況と言い方で意味やニュアンスが異なるんですね。
 
その他ちょとだけ例を書いときますね。
(音声で解説してます)
갔잖아
봤잖아
이거잖아
 
 
ということで、“~잖다”の意味・使い方は
なんとなくでもわかっていただけたと思います。
 
ではやっと今日のフレーズに戻りたいと思います。
今日のフレーズは“있잖아~”ですね。
一度訳してみてください。
 
やはりこれも言い方によっては1と2の
2通りの訳し方があります。
 
でも今日紹介したかったフレーズの訳は、1です。
1で訳してみてください。
 
「あるやん?」ですね。
 
直訳ではこうです。
ただ直訳で済むようなフレーズは紹介しませんw
で1の訳のときの“있잖아~”はどんなときに使うのか?
 
話を始めるときです。
日本語では、「ほら」に当たるかと思います。
「ほら、あれやん」みたいな感じで話題を始めるときに言います。
 
そのあとに続く話題は無限にあるので、
ドラマなどを見ながらどういうタイミングで使うのか等を
研究してみてください。
 
 
ちなみに2で訳したときの“있잖아~”ですが、
例えば、友人が「携帯どこやった~?」って探してるときに
床に落ちてるのを見つけて“(여기)있잖아~!”って
いう感じで使ったりします。
 
つまり、「(ここに)あるやんか!“ってことですね。
 
 
ご理解いただけたでしょうか?
 
それでは今日のフレーズは、
 
있잖아~  =  ほら、あれやん
 
でした。








忍者ブログ [PR]

presented by 韓国語のよく聞くフレーズ @韓国語無料教材





PR